腸内細菌

 腸の中に生息する細菌のことを言います。腸内細菌と人は主に共生関係にあります。人は腸内細菌に栄養と住みやすい環境(空気が少なくてジメジメした環境)を提供し、人が消化できない食べ物を分解してもらうことで必要な栄養素を受け取っています。また、食べ物だけでなく人が飲んだ薬を腸内細菌が分解することで人に有用な作用を起こすことがあるようです。

 しかし、細菌が異常に増えすぎたり、腸以外の器官に移動すると感染症の原因となることがあります。

腸内細菌の分類(酸素の使用)

腸内細菌は酸素を利用するかどうかで大きく2種類に分類されます。空気中の酸素を利用するかもしくは酸素の有無が生存に関わる。小腸内は酸素含まれており酸素を利用するもしくは酸素がないと生存できない細菌が存在します。大腸は酸素濃度が低くいため、酸素を利用しない細菌や酸素があると生存できない細菌が存在します。

  • 好気性細菌:酸素を利用する細菌。
  • 嫌気性細菌:酸素を利用しない細菌。

腸内細菌はいつから腸に

母体にいる間は腸内は無菌の状態です。出産時から腸内細菌叢が形成が始まります。母乳に含まれるオリゴ糖などは腸内細菌の栄養源にもなるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました