脳腸相関

 2010年代から腸内細菌に関する研究が増え、脳と腸の関係性についても考えられるようになりました。現在でも脳と腸の関係性に関する研究が続いております。

 脳と腸は約2000本の神経で繋がっており連携しております。また、神経だけでなく腸が神経伝達物質を生成することで脳の情動(感情)に働きかけるとも考えられています。

 「お腹が空いたから食べ物を探す。」「お腹が痛くなったからトイレに行く。」など人間の基本的な行動は腸の反応の結果起こることもあります。腸は刺激を受けると神経を通して脊髄や脳に信号を送ります。また、腸のネットワークで使用される神経伝達物質は数十種類と多様に存在しております。

 腸は食べ物などが入ってきて内側の壁や粘膜を刺激すると筋肉を動かして食べ物を輸送します。また、食べ物から栄養素を吸収するために腸の血流を増加させます。このような活動は自律した反応です。

タイトルとURLをコピーしました